<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

琉美の里

チャリレポです。

福島原発事故で被害にあった子どもたちの保養センター、
沖縄県・久米島にある琉美の里へ20,000円寄付致しました。
a0167912_20404146.jpg

ここは、先日オープンしたばかりで、被曝への不安から抜け出せない福島県の子供たちを、ほぼ無料で招待する保養施設です。
「沖縄・球美(くみ)の里」

フォトジャーナリストで月刊誌「DAYS JAPAN」編集長の広河隆一さんらが、
島の高台にあった陶芸工房をロッジ風に改修したそうです。

写真:浜辺で遊ぶ避難してきた子供たち。
a0167912_20494388.jpg

広河さんは1991年に「チェルノブイリ子ども基金」をつくり、
ウクライナやベラルーシへの支援を続けてこられた方で。

東京電力福島第一原子力発電所事故の対策について、
「一番重要なのは、これ以上被曝するのを避けること」と話されています。

この前、福島の子どもの3割に甲状腺の異常…という記事を読みました。

初期の高濃度被爆から守らなかっただけでなく、
その後も線量の高い地域に子どもたちを居続けさせることに、
怒りと悲しみを感じます。

被曝の後、抵抗力を失い、その結果病気を発症してしまうことを防ぐ最もいい方法の一つが保養だそうです。

人のカラダはすごいもので、
汚染地から一定期間でも離れて暮らすことで、
抵抗力や健康が回復したりするとのこと。

なんの心配もせずに、自然の中で思いっきり遊んでほしいなぁ。

大きな金額は動かせませんが、
皆さんから集まった大切なお金で
少しでも子どもたちの笑顔がうまれたらいいなと思います。
[PR]
by snow-ocean-moon1 | 2012-07-30 22:16 | 寄付やら

The Day out of time 2012.7.25

クリスタルボウル演奏会にご参加いただいた皆さま、急な告知にもかかわらずお集り下さりどうもありがとうございました☆

寝転がって倍音の波にカラダと意識を溶かす時間。
ほんとーに気持ちよかったですね。

白くてキラキラしてて
清々しい会だったなーと思います。


そういえばこの前、エネルギーとか、オーラとかチャクラとか、後ろのガイドさんとかがわかるという方に、たまたま出会ったんですけど。

わたしのことをチャクラバランスがきれいに整っているとか、微細で精妙なエネルギーとか言っていただくことがありました。

もちろんとても嬉しい♪のですが、
わたしはあいにく鈍感な方で
(まったく見えずわからずなので)
自分では実感がわかなくて(笑)

でもこれはクリスタルボウルのおかげかしら、なんて思ってます。

だって、持ってきたミネラルウォーターの味が、終わった後に甘くまろやかになっていたのは、決して気のせいではないと思うんですよねー。
a0167912_2332318.jpg

[PR]
by snow-ocean-moon1 | 2012-07-25 23:33 | DAYS

時間をはずした日の会

急ですが…7/25(水)にクリスタルボウル演奏会のお手伝いをさせていただくことになりました。

当日はクリスタルボウル7つを使った演奏で、
とても広く奥深く、宇宙とココロに瞬時に届くような。
わくわくした音が奏でられるんじゃないかなと思います。

ご都合よろしければ聞きに来てください。
みなさまのご参加お待ちしております。

============================
☆緊急告知です☆
この日限りのスペシャル演奏会が決定しました。

マヤ暦は28日×13ヶ月+1日=365日で構成されています。
この「+1日」=グレゴリオ暦の7月25日にあたる日は、どこにも属さない「時間を外した日」として「時間から解放された日」「縁の日」「銀河の自由の日」と呼ばれます。

あらゆる時間の制約から解放されて今までの流れに感謝し、
新たな流れをワクワクしながら迎える年に一度の「運命大好転日」をいつもと違う場所で、いつもと違うことをして「自由」に過ごしてみませんか?

クリスタルボウル7個のパワフル倍音を
自由に聴いていただく初の試み、フリースタイルの演奏会です。

いつものように寝転んで聴いていただいてもOK。
ヨガや気功やダンスをしていただいてもOK。
いつもより広い防音会場をご用意出来ましたので歌ってもよし!踊ってもよし!
思うがままに〜感じるままに〜フリースタイルで身も心も解き放し〜
今年後半も楽しく過ごせるように〜リフレッシュしてください。

日 時:7月25日(水)PM6:30〜
場 所:JR長岡京徒歩2分
長岡京市中央生涯学習センター
http://www.bambio-ogbc.jp/
3F リハーサルスタジオ1
 (京都駅から約10分です)
参加費:3,500円 (小学生までは1.500円)
持ち物:座りやすい服装、ミネラルウォータ、ブランケットなど

※ご注意ください
コンタクトレンズはクリスタルボウルの振動の影響を受けますので、あらかじめ外されることをオススメしています。

============================

お申し込みお問い合わせ:055.gifyukiyoga7@gmail.com

============================

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
★彡 キラッ!!
遅れての参加もOK!当日飛び込み参加も大歓迎!
夏の宵〜ゆるりと癒す〜倍音浴♪ お楽しみに♪
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

[PR]
by snow-ocean-moon1 | 2012-07-18 23:00 | event !

emotion

いつの頃から
人は自分の感情を自分で処理するようになるのだろう。

しんどいと言えなかったり。
怒りの感情を押し込めたり。
泣きたいのを我慢したり。

我慢してるうちに
本当は出したかったはずの感情が消化されないまま奥底に溜まっていって。
(潜在意識とかにも)

いつかそれが爆発したり。
多くの場合は、自分でもわけがわからないままぐるぐるとうまくいかないスパイラルに陥ったりする。

だから表現するにしてもしないにしても
自分の中だけはいつも真っ直ぐ正直に生きたいと思う。

ネガティブな感情をもってしまっても
そう感じている自分を否定しないで
ただただ自分を受け止めたいです。

a0167912_21343452.jpg

[PR]
by snow-ocean-moon1 | 2012-07-17 21:33 | YOGA/からだ/こころ

Today's

a0167912_791080.jpg


バナナ
キウイ
パッションフルーツ

おいしいけど。
パッションの香りがバナナの甘みでかき消される感じ?
バナナなしでサッパリ目にしてもよかったかも。
[PR]
by snow-ocean-moon1 | 2012-07-17 07:07 | Food

Place

a0167912_21375372.jpg

今から思うと、
とにかく気持ちの落ち着くことがない日々だった。

なんともできないのに
なんとかしたいことが多過ぎて。

決めなきゃいけないことは
いっこうに決められなくて。

アタマで考え過ぎて
縮こまった気持ちは緩むことはなくて。
a0167912_21375474.jpg


自然が圧倒的な場所に行くと、
自分の中の何かが満ちる。
素直になれる。
心が開ける。

京都では、食に気を遣い。
ほぼベジで、ローだのマクロビだのと言うてるけど、旅先ではなんでも食べる。し、食べたいと思う。今回も魚もお肉もたらふく食べた(笑)

ここじゃーヨガなんかしんでもいいなーとかも思う。
なんだろうねー。(笑)

すっかり落ちついて帰ってきたよ。

みんなにも、そんな場所があればいいなと思います。

もちろんそれは、どこかの国かもしれないし、Liveを聞きに行くことかもしれないし、誰かと会うことかもしれないし、ヨガのクラスに行くことかもしれない。

ちょっと疲れた時に、自分を取り戻せるところがありますようにと思います。

無いなーという人は、
今から出会えますように。


.
[PR]
by snow-ocean-moon1 | 2012-07-15 21:11 | Travel

海を照らす月光の道

八重山諸島(今回は、石垣島と波照間島)へ行ってきました。

日本最南端の有人島、波照間島。
那覇から約400kmの石垣島、そこからさらに高速船で1時間のところにある。

「波照間」とは「果てのウルマ(サンゴ礁)」という意味。
観光地ではなく、島の人々が暮らす生活の場所。

だからほんとうになんにもない。
ヤギはその辺によくいるけどね(笑)

海と空と星が無限なまでに美しく、訪れる人を惹きつけてやまない。
こんなに遠くてなんにもない場所だけど、
きっとまたわたしは行ってしまうだろうと思う。
a0167912_193553.jpg


波照間の宿で、偶然知人と再会した。

その繋がりで、地元のファンキーで素敵なご夫妻に、
夜、星を見に連れて行ってもらえることに。

宿に迎えに来た軽トラの荷台に乗り、
真っ暗闇のサトウキビ畑の合間をゴトゴト揺れながら行く。
肌にあたる夜風がとても気持ちいい。

離島の夜は本当に暗くて、
集落から少し外れると真っ暗で懐中電灯無しには歩けない。
都会にいるとわからないけど、
夜って暗いってそれだけで怖いんだなと本能が思いだす。

トラックの荷台からは、ドーム状に広がる満点の星空が見えた。
遮るものがなにもないから、横を見ても星が見える。

着いた場所は、島の東南、高那崎の東のあたりで、
東高那(アリタカナ)と言われているところ。
数十メートル先は断崖絶壁で、いつもなら崖に打ち寄せる波しぶきの音がするんだろうけど、その夜はとても静かだった。

ゴザを敷き、寝転がって、空に輝く無数の星をただただ見入る。
雲かと見間違うほどの天の川も、
たくさんの流れ星も、そこにはあった。
こんなにきれいに星があるのに、
それを見えなくしてるのは人間なんだなぁと思ったり。

そして、そのご夫妻による、三線・琉球太鼓で沖縄民謡の演奏がはじまった。
乾いた三線と琉球太鼓の音。
艶やかな歌声。
波の音。
夜の闇。

一瞬ここがどこなのか、いつなのかわからなくなる。

太古の昔から、人々は涼しくなる夜になると浜にあつまり
こうやって飲んで唄って話をしたそうだ。

そして、月の出の時間。

目の前に広がる真っ暗な夜の海の水平線から、
光り輝く月が上ってくるのを見た。

海を照らす月光の道は、月まで歩いていけそうで。

なんと幻想的な景色なんだろう。って。

自然の美しさ、偉大さってすごいよ。ほんと。
a0167912_1944085.jpg

思いもよらぬ偶然と人と人との繋がりでタイムトリップしたような体験と、
そして今回もずいぶんとうつくしいものを見せてもらった。

そんな島で買ったTシャツには、"No Hateruma No Life"とヤギのマーク(笑)

No Hateruma No Life ですよ☆
[PR]
by snow-ocean-moon1 | 2012-07-13 21:43 | Travel

この手は

この目は、もっと見えるはず。
この声は、もっと響くはず。
この手は、もっと届くはず。

a0167912_7393319.jpg

[PR]
by snow-ocean-moon1 | 2012-07-02 07:23 | DAYS

日々の記録とか、覚えておきたい記憶とか。。。


by snow-ocean-moon1