人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

70億人

a0167912_2213487.jpg

みなさんご存知かと思いますが、
琵琶湖は人が多く住む南の方は水が汚いけど、
北の方へ行くと透明度が増してキレイで
周りの自然も豊か。

結局のところ、人間が多く住むところでは自然は存続できないってことなんだなぁ。

これほど自然と調和していない動物っていないね。
でも自然とつながるって自給自足するとかたいそうなことじゃなく、
呼吸すること一つとってもそうだし、夕空見てキレイだなと思うことだってそうだと思うんだ。

でもそんなことは経済効率性の中ではなかったことにされてしまう。
そして自然とつながってない人間はいとも簡単におかしな方向へ行く。

だから爆発的に増えてる人間をこれ以上地球は養っていけないんだろなー。

それでもなんとかエゴに気づき智慧と調和をもってなんとか生き延びたいんです。

わたしはちょっと田舎めが好きだけど、都会が好きな人もいてそれはそれでよくって。
でもそれを維持するには智慧がいるってことだよ。

少なくとも今のままは無理なんだ。

バベルの塔が破壊された今、私たちは色んなことを改めて問う。

破壊のあとに新しく創られるもの。

この世は想念だから、「こころ」にあるものはいつか形となり現れる。

問いとともに何を思い描くか。
それが私たちの未来を作る。





.
by snow-ocean-moon1 | 2011-06-30 21:58 | DAYS

カラン

a0167912_2143865.jpg

もうすぐ暑い夏がやってくるね。
by snow-ocean-moon1 | 2011-06-27 21:03 | Pics
a0167912_11594354.jpg


お料理上手Palekaikoちゃんのブログで紹介されていたアボカドごはんを作ってみた。

レシピはこちら↓
http://s.ameblo.jp/palekaiko-kyoto/entry-10923048688.html

レシピ見ただけで
絶対おいしい!と思ったけど、
作ってみたらやっぱりおいしかったです。

ちなみにわたしはツナ抜きでやってみたけど、◎でした。

そして、八重山のピパーチ(長胡椒)をアクセントに。
この胡椒、独特の甘い香りにピリリと胡椒の辛さもあって、私は好きです。
インドのアーユルヴェーダハーブとしても使われたりして、消化促進や呼吸器系に働きかけます。

そしてこのレシピの素晴らしい所は、火を一切使わないこと!

暑い夏に大助かりのレシピです。

Palekaikoちゃんありがとー☆
by snow-ocean-moon1 | 2011-06-25 11:52 | FRIENDS

夏至

今年の夏至は、
2011/6/22 am2:16

日本の夏至は梅雨だから
毎年曇ってるけど、

この日、太陽のenergyは最大限に高まり、生きとし生けるもの、動物、木や草、花、すべてのenergyが陽に極まる日。

溢れるような光の渦が、暗く立ちこめる闇を照らしますように。
a0167912_2223675.jpg

そして夜は電気を消して。

今年は旅立っていった多くの魂にも祈ろう。

私たち生きている者たちが、平和で愛に満ちた選択を強い意志で行って行けるように。
by snow-ocean-moon1 | 2011-06-22 21:23 | DAYS

looking backwards

『最初からつじつまを合わせようと思っちゃダメ。予測しすぎたりしないほうがいい。』と、
ある人に言われたことがあって。

ついつい結果と効率を重視して最短ルートでなにかをしたくなったり、
どうしても条件でものごとを選んでしまったり、しがちなのだけど。

もちろんそれも悪くはないのだろうけど、
でもそれだけじゃなく。

なんかわからんけどやってみたいこと、とか。
なんとなく気になることとか。
これやってると時間忘れちゃうよ。みたいなこととか。

高橋歩のコトバで、『Believe your トリハダ』ってのがあったけど。
自分がトリハダが立つようなことを思い切ってやってみるとか。


流れ着いた一見不遇に思える状況でも、
後から思い返すと、とてもよいターニングポイントだったり、
回り道と思えた場所でやっていたことが、
後あと意外なとこで役に立ったり、することもある。


有名すぎますが、Steve Jobbsの伝説のスピーチの、
"Our time is limited, so don't waste it living someone else's life"とか。
"You can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards . So you have to trust that the dots will somehow connect in your future."とか。


たぶん、そういうことなのだろうと思います。

結局すべてはNever knowingなのだから、
あまり状況を早急に判断せずに、
わたしたちはもっともっと自分自身を信じてもいいのかもしれない。

a0167912_20271622.jpg


■ジョブズのスピーチはこちら
http://www.youtube.com/watch?v=DE8HrWmnLwA&feature=youtube_gdata_player

http://www.youtube.com/watch?v=54pPcsDEc6M&feature=youtube_gdata_player
by snow-ocean-moon1 | 2011-06-18 05:12 | DAYS

ヘナユーザー

a0167912_7404543.jpg
ヘナはインドや北アフリカを原産地とする天然の植物で、古くから薬や染料として多くの人に身近に用いられてきたハーブです。

染毛効果とトリートメント効果を兼ね備えています。

というわけで、5-6年前からヘナユーザーの私です。

ヘナでトリートメントをすると、本当に髪がやらかくつるつるになるのです。
そして日に当たると茶色に見える。

以前は、カラーリングで茶色に染めていたのですが、やってもらっている間の頭皮がヒリヒリピリピリして痛くてなんかはげそうやなと(勝手に)思いつつ、笑、また染毛剤の危険性も知っていたけど、髪を明るくしたいのでやむを得ず使っておりました。

がある時、美容師さんがヘナのことを教えてくれはって、よしっと。ヘナに切り替えてみました。

以来時にケミカルに染めて気分転換したいと思う日もあるのですが、染め出すとキリがないので、やっぱヘナでいいやとヘナユーザーを続けています。


私は月1回ほど、家で自分でやるのと、美容院に行ったときもトリートメントとしてやってもらったりします。
自分でやると、まんべんなく塗るのが難しかったりするので…。

まぁ家でやるのはめんどうと言えばめんどうですが。慣れるとそうでもないかも。

あ、せっかくの「ヘナ」ですが、市販のもので化学的な染毛剤が添加されてしまってるものもよく見かけます。

ご購入される際は、ヘナユーザー100%のものにされることをおすすめ致します。
a0167912_7405034.jpg




ナチュラル志向のわたしにも対応可で(笑)ヘナを勧めてくれる美容師さん。町屋で1人でやってられる美容院で、いつもいろんな話をするのですが、いい刺激をもらっております。
■mir
http://www.mir.tanukikoji.jp/

よく買うヘナ
■ナイアード
http://www.naiad.co.jp/naiad_henna/index.html

■マハラジャロード
http://maharajaroad.com/herb/hena.shtml


もし、ちょっと試してみたいわーって方いらっしゃいましたら、1回分400円くらいでおわけできるので、言ってくださーい。ね。
by snow-ocean-moon1 | 2011-06-17 06:55 | Natural Cosme

611その日

Palekaikoでのチャリティーヨガにご参加頂いたみなさま、どうもありがとうございました。

たまたまちょうど震災から三ヶ月でしたね。
みなさまの善意の気持ちで、わたしもいい時間を過ごすことができました。

引き続き8月も開催する予定なのでご都合あうようでしたらぜひ。
お待ちしております。

んで…
天気はまさかの晴れ。
わーい、晴れ女。
京都ピースウォークに。
子供ちゃん達が多くて
ほんまに散歩みたいな感じでした。
a0167912_22231612.jpg

その後、妙心寺東林院での震災チャリティーイベント『THE ZENKAI』へ。

樹齢300年の沙羅双樹の木がある東林院。
こじんまりしててお庭がキレイで、とても好きなお寺です。

そこで、禅僧による読経/説法/冨田貴史さんトーク/EGO Wrappin'ライブ/落語 などなどがありました。
a0167912_22231814.jpg


今のこの時に、
人を思うこと、
意思表示をすることが
大切なんじゃないかと
どの方も話されてました。


雨あがり緑の苔に沙羅双樹の白い花が落ちていて。

雨に打たれてすぐに散ってしまうこの花のはかなさは、ひときわ心を打つ。

鎮魂と供養と黙祷を。

月がほのかに霞む静かな夜、どこまでも歩いて行けそうな。

いい夜、いい一日でした。

ありがとう。
by snow-ocean-moon1 | 2011-06-11 22:04 | 311

611の前の日

6/11脱原発100万人アクション。デモ、パレード、シンポジウムなど各地でたくさんありますね。

日本各地だけじゃなく、 世界各国(韓国・台湾・イタリア・ベルギー・フランス・カナダ・アメリカ)ででも。

すごいですよね。

この三ヶ月ほんとに多くのデモや集会が全国各地で行われてきました。

でもテレビや新聞では、ほとんど取り上げられなかった。
そして深慮することなく、原発がなくなったら電気が足りなくなるって言ってる。

でもこれは、今まで自分たちの国の行く先を他人任せにしていた結果なんだと思う。

マーティン・ルーサー・キングは、「最大の悲劇は、悪人の暴力ではなく、善人の沈黙である。沈黙は、暴力の陰に隠れた同罪者である」と言った。

わたしは、まさに、善人の沈黙だったなと思う。(悪人ではなかったはず、笑)

私がドキドキしながら、はじめて参加したデモで見たのは、普通の人たちでした。
若い子や家族連れ、音楽を鳴らす人たちや、はじめて参加する多くの人たち。
自分の意思を勇気をもって静かに示す、パレードすることを楽しんでる人たちです。


気づいた人から、なにか違うなと思った人から、
自分の意思を表現したり動いていかなきゃもう間に合わない。
たぶん時間はあまりないのだろうと思う。

あ、でも、デモに行けと言ってるんじゃないのでそこは誤解しないで下さい。
明日は雨だし(笑)、せっかくの土曜だし、仕事の人だっているだろうし。


参加しなくても、個人個人考えよう。
自分はどう思うのか。
どっちの方向に進んでくのか。
誰の意見を信じるのか。
なぜそう思うのか。
将来どうなって行くのが良いか。

もう無関心はやめよう。

と自分自身に言いたかったのです。

あれから三ヶ月、事故はまだ進行中の今。
611の前の日にそう思いました。


日本全国の脱原発カレンダー
http://nonukes.jp/wordpress/?page_id=87


京都Peace Walkはこちら→
http://lifeforlove.info/peacewalk/kyoto.html

a0167912_8543433.jpg

by snow-ocean-moon1 | 2011-06-10 07:57 | 311

南三陸町に

おひさしぶりの募金のご報告です。
東日本大震災の義援金として、南三陸町の自治体に20,000円募金させて頂きました。

a0167912_213571.jpg


被害があまりにも甚大で、
どこにしようかと考えているまま月日はたち、
そろそろ3か月ということに気づき。。。

たまたまこちらのネットニュースに目がとまり、
これは微力ながら応援したいではないかと決めました。

■朝日新聞■
津波で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町では、
震災から3カ月近くたった今も水道が使えない
。。。((続き))

a0167912_2145144.jpg
津波で流された衣類などを川で洗う三浦しげみさん(76)。
仮設住宅の水は塩分が多く、生活用水としては使えないという。



みなさーん!(そして自分にも)
水のある生活が当たり前だと思ってきてませんかー!?

蛇口から無限に出てくる水ってなんてありがたいんでしょうね!

季節は、梅雨です。
雨の恵み。

便利になれることなく
感謝の気持ちを持ち続けたいと思います。

みんなの心遣いが南三陸町の方々に届きますように。
by snow-ocean-moon1 | 2011-06-09 21:43 | 寄付やら

Time Traveller

Time Travelしてきました。
過去生への旅。

そう、ヒプノセラピーです。退行催眠とか前世療法とかいうやつです。
正直、半信半疑の興味本位、まったく前知識無し。
でもなんとなくピンと来て。
AstroPatchouliさんに紹介してもらって、行ってまいりました。

こっから下は、おとぎ話を暇つぶしにと思って読んで下されば。


40分ほどのカウンセリングの後、横になりセラピーが始まります。

最初は今世を生まれるところまで辿りかえって行きます。
スクリーンに映像を見るように過去の傷をたどります。
インナーチャイルドの癒しですね。
ここまででもけっこう涙もん。

で次にいよいよ過去生を見に行きます。

自分が死ぬ間際の映像が浮かびました。
どうやら暖かい国のようです。
夕方西日が差す部屋のベッドに横たわっていて
側には少年が一人立っていて。逆光で顔は見えませんが浅黒く髪はこげ茶色。
自分の子供だと思うと答えている。
自分は40歳くらい。
病気のよう。
踊りたかったと言っている。

そこから幼少期に飛ぶ。
外、乾いた土に裸足で触れる感覚、
自然豊かな場所。(田舎なのか、昔なのかは?)
わたしは一人で遊んでいる。
子供の友達はあまりいない。
大人にいっちょまえの口をきいて楽しそうにしている。

両親は居ないみたいだ。
すてられたみたいだけど、それは悲しいことではないと。
離れた方がよかった。
命をもらっただけで十分だったと言っている。

その後、誰かに連れてかれたおうちで、掃除をする仕事をしている。
12~3才。ここでも一人だけど、心静かに働いている。
仕事が見つかってよかったと。
身体を動かすことは好き。だから掃除の仕事も好きだった。

次に20歳くらいの記憶。
長い髪に浅黒い肌、外、海に近く風が吹いている場所
祀りごと、祈りの場のようなところ
太鼓の音とチャンティングのような声
大地とつながるような祈りの踊り、舞?を10人ほどでしていた。
老若男女色んな人がいる、小さなコミュニティに住んでいて、
人を癒すような、自然やまわりの人のために祈りを踊る仕事をしている。
すごくpeacefulな場所で人には恵まれた。

30歳くらい
まだ小さい男の子を引き取りました。
あたりまえのことをしただけです。と言っている。
なんでそんなことするのと言う人と、応援してくれる人たちがいる。

そして42歳で病気になって世を去ったみたいです。
男の子はすごくしっかりした聡明な子であまり心配はしていないけれど、
やっぱり長く生きたかったと思っている。
長く一緒に居れなくてごめんね。自由に生きなさい、人を愛しなさい、
とその子に言って死んでいきました。

今世では、親とつながりたい。長く生きたい。まわりを助けたい。
と思って生まれてきたみたいです。

正直今でも100%信じているわけではない、
わたしの頭が作りだしたものかもしれない。

それにしても、今のわたしが、

裸足や風通りの良い外が好きなのも
海に魅かれるのも
年上の友達が多かったのも
わたしは一人で生きていける、早く働きたいと子供の時から思っていて
でもそう思ってるのに、ずーっと親と暮らしているのも
ジャンル問わず祈りの唄が好きなことも
身体にいいこと、身体を動かすことが好きなのも
血のつながりに意味をあまり感じないのも
一人でいるのがイヤじゃないのも
自然環境を守らなきゃと思うのも
なんとなくチャリティーしてるのも
自然に畏怖の念をもっていて、今回の災害にひどく落ち込んでいたのも

ぜーんぶ納得できたのです。

とにかくわたしは癒されました。
癒しという言葉は好きではないのですが、
身体は正直で、カチコチに凝っていた肩が翌日はふにゃふにゃになってました。
心と身体は本当につながっている。

途中、見えそうで見えない別の過去生や、聞こえそうで聞こえない名前。
どこかわからない国。見てるのに見えてこない顔がありました。
自分が準備できた分だけ、受けとれる分だけ、見えてくるそうです。

最後に、自分を守ってくれているおおきな何かから
自分のことを大切にしなさい。
これからのことは自分で作っていく、全ては自分次第。
というメッセージをもらいました。

受ける前後では、世界は同じなんだけど、不思議に大きく何かが変わっていて、
自分でいることに安心することができるようになった気がします。

そして、自分の魂が来た場所、大いなる光の源、その一部であるということ。
We are all one.ということを実際に感じれたのは大きい体験だったと思います。
(↑注:ひかないでね、笑)

いろんな世界があるもんです。
おもしろい。

そしてLife goes on.
なんだかんだ言っても、
自分次第のこの道をすすんでくしかないのだなと思います。

はたしてわたしは長生きできるのか(笑)
by snow-ocean-moon1 | 2011-06-06 17:03 | DAYS

日々の記録とか、覚えておきたい記憶とか。。。


by snow-ocean-moon1