北欧の太陽と空について調べたこと

時差ぼけでぜんぜん眠くならないので。。。
北欧の太陽と光と空について、疑問に思ったこと調べてみた。(自分用メモ)
--------------------------------------------------------------------
ヘルシンキ北緯60度 

京都北緯35度



南中高度(太陽が真南に来て最も高く上がった時の地平線との間の角度)

ヘルシンキの南中高度:夏至53度、冬至7度

京都の南中高度;夏至78度、冬至31度

日本の夏の陽射しが高い位置からほぼ真下に照りつけて短く濃い影をつくるのに対し、
ヘルシンキの夏の陽射しは、日本よりも横から照射し影も長くできる。

ヘルシンキの冬至の南中高度が7度ということは、
地平線の少し上を真横に平行移動するような感じになる。
冬の光はほぼ真横から照射される。


--------------------------------------------------------------------

ヘルシンキの夏の太陽は日本よりキラキラと眩しく感じるのは・・・

北緯の高い国は1年を通して平均すると太陽高度が低く、目に直接光が入る時間が長いです。通常視線では太陽高度が40°以上にあれば太陽光の眩しさは自覚しにくいとされています。
http://allabout.co.jp/gm/gc/445732/

----------------------------------------------------------------------

眩しい太陽をいっぱい浴びたのに(日焼け対策もせず)、焼けなかったのは・・・

太陽高度が高いほど紫外線量は一般に多くなるから
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-71uvindex_mini.html

--------------------------------------------------------------------

北欧の空が蒼いのは・・・

空の色は、太陽光のうち波長が短いもの(藍→青→緑…)が大気中で拡散するために、青っぽく見えます。緯度が高く太陽高度が低い北欧では、太陽光が大気中を移動する距離が長いため、通常よりも長波長(赤っぽい色)の光まで拡散するので、低緯度地域よりも濃い蒼に見えるそうです。また、同じく太陽高度が低いため、雲は独特のコントラストをなします。
http://blog.goo.ne.jp/takashi-suegami/m/201109

----------------------------------------------------------------------
なるほど。
[PR]
by snow-ocean-moon1 | 2015-08-14 01:22 | Travel

日々の記録とか、覚えておきたい記憶とか。。。


by snow-ocean-moon1