KANO1931

年末に台湾に行ってきてから
台湾台湾、我愛台湾。言うてたら
友達にある映画を勧められて見て来ました。
「KANO1931海の向こうの甲子園」

日本統治下の1931年に台湾代表として見事甲子園出場を果たし、
決勝まで進出した台南州立嘉義農林学校の実話を基に描かれた作品です。

台湾で撮影された台湾の映画ですが、
永瀬正敏・坂井真紀・大沢たかおも出演してます。

3時間という長尺で、しかもわたし野球にはまったく興味がないのですが、
すごくよかったです。

連敗続きの弱小野球部、
日本人、台湾育ちの漢人、台湾原住民の混成チームに
挫折を経験し野球から離れていた鬼監督(永瀬)が就任。

球児たちは、猛特訓に食らいつき少しずつ成長しながら
能力を発揮し甲子園を目指す。

という、わかりやすくストレートなスポ根ものなのですが、
決してそれだけでなく、当時の様子や時代背景なども描かれていたり、
現在の台湾ならではの考察やメッセージ性も感じます。

なにより登場人物一人ひとりがとても魅力的に描かれていてひきつけられたのと、
民族を超えて団結し、
一丸となって戦う球児たちのひたむきさと純真さに心打たれました(涙)

わたしが見たいものが描かれていた映画だったなと思います。
こんな素敵な映画を作ってくれた台湾のみなさん、ありがとうございました!


PS:台湾のお茶はとってもおいしくてすっかりはまってます☆
a0167912_1273163.jpg

[PR]
by snow-ocean-moon1 | 2015-02-13 12:07 | DAYS

日々の記録とか、覚えておきたい記憶とか。。。


by snow-ocean-moon1