人気ブログランキング |

ネトラタルパナ

アーユルヴェーダの目のトリートメント、ネトラタルパナを受けてきました。

友だちの紹介でアーユルヴェーダ勉強中の方に、
施術モデルとして受けさせて頂きました☆

目の周りに練った小麦粉の土手を作り、その中へギーと呼ばれる精製されたバターを満たし、数分間眼球運動をおこなうもの。
a0167912_1213397.jpg
(写真は拝借デス)

これ、一度やってみたかったんだ〜。

目に栄養を与え、頭痛や眼精疲労にも効果があると言われているそうです。

目のケアって自分でやりにくいから、いいよね。

土手にギーを注がれ、その中で目を開けると、そこは黄金色の世界(笑)
ぜんぜん沁みなくて、なんとも不思議な感じ。
じわ〜っと温かく、脳まで洗われるよう。
遠い記憶や深いところまでアクセスされているような感じ。

日頃PCや携帯や読書などなど、目を酷使することが多くて、乾いて冷えて血行も悪くなってたんだろうなと思いました。

そして終わった後、まわりの景色がとてもクリアに見えたことに驚き。
透明度があがったというか、眼の曇りが取れたかのようで。
光を見慣れた目であるはずなのに、キラキラとまぶしすぎる世界。

日頃どんだけ曇ったまなこで世界を見てたんだか(笑)

とろーんと緩み眠くなり
その夜は早々とベッドへ。
たっぷり深く眠りました。

視力改善したり、老眼予防になったりしそう〜。と勝手に推測。

セサミオイルでセルフマッサージとかは時々やったりしてたけど、
よく考えるとアーユルヴェーダのトリートメント初めて受けたなと。
やっぱアーユルヴェーダってすごい。
まず、目の中にオイル入れようっていうその発想が(笑)
インドにパンチャカルマ受けに行きくなった。

やってもらってから1日たったけど、
まだ視界のクリアさは継続中♪



パンチャカルマとは…

5つの(pancha~パンチャ)行為・治療(Karma~カルマ)という意味で、5つの浄化法からなるデトックスプログラム。
①ヴァマナ(嘔吐療法)
②ヴィレチャナ(下剤療法)
③バスティ(浣腸療法)
④ナッシア(鼻オイル療法)
⑤ラクタモクシャン(採血療法)

パンチャカルマは、ストレスや心身に蓄積された毒素を本来の体の機能をデトックス(浄化法)を用いて効率的に排出し、トリ・ドーシャ(ピッタ・ヴァータ・カファの3つのドーシャ)のバランスを取り戻す治療。

最低10日から2週間以上かけて行われる。(急激な体の変化は、負担をかけるため)また使用されるハーブは患者に合わせて調合される。
by snow-ocean-moon1 | 2013-05-23 20:20 | DAYS

日々の記録とか、覚えておきたい記憶とか。。。


by snow-ocean-moon1