かたつむりのから

かたつむりが殻からぬけるとナメクジになるわけではない。

かたつむりの殻は、カラダの一部であり、その内臓を外敵から守っている。殻に大きな損傷を受けたら、やがて死ぬらしい。

ヤドカリみたいに成長と共に貝殻を変えていくわけではない。

自分を守ってくれている殻。
その殻は人によって、仕事だったり、居場所だったり、立場だったり、家族だったり、趣味だったりと違う。
精神性や考え方や認知の仕方だったりする人もいるだろう。

その殻は、自分を守ると同時に、当たり前だけど、制限も与えている。

今自分が自分を守るためにかぶっている殻。
まさか壊れるわけがないと思ってるけど、思いもよらぬ出来事で破壊されることも起こる。

人間はかたつむりではない。
変化の時には、そしてその波が大きいほど、殻を何とか守りたいと思うより、自ら殻を脱ぎ去ったほうが、結局ダメージは少ないのだろうな。

この殻がなくなったらケガしちゃうかもとか、これがなくなるのは不安とか、そもそも何かをできるはずがないとか。
そんな否定的な概念自体もこわさないといけないのかもしれない。


いや、それくらいしないと
新しい展開や可能性は見えてこないのかも。
[PR]
by snow-ocean-moon1 | 2012-01-20 19:07 | DAYS

日々の記録とか、覚えておきたい記憶とか。。。


by snow-ocean-moon1