Time Traveller

Time Travelしてきました。
過去生への旅。

そう、ヒプノセラピーです。退行催眠とか前世療法とかいうやつです。
正直、半信半疑の興味本位、まったく前知識無し。
でもなんとなくピンと来て。
AstroPatchouliさんに紹介してもらって、行ってまいりました。

こっから下は、おとぎ話を暇つぶしにと思って読んで下されば。


40分ほどのカウンセリングの後、横になりセラピーが始まります。

最初は今世を生まれるところまで辿りかえって行きます。
スクリーンに映像を見るように過去の傷をたどります。
インナーチャイルドの癒しですね。
ここまででもけっこう涙もん。

で次にいよいよ過去生を見に行きます。

自分が死ぬ間際の映像が浮かびました。
どうやら暖かい国のようです。
夕方西日が差す部屋のベッドに横たわっていて
側には少年が一人立っていて。逆光で顔は見えませんが浅黒く髪はこげ茶色。
自分の子供だと思うと答えている。
自分は40歳くらい。
病気のよう。
踊りたかったと言っている。

そこから幼少期に飛ぶ。
外、乾いた土に裸足で触れる感覚、
自然豊かな場所。(田舎なのか、昔なのかは?)
わたしは一人で遊んでいる。
子供の友達はあまりいない。
大人にいっちょまえの口をきいて楽しそうにしている。

両親は居ないみたいだ。
すてられたみたいだけど、それは悲しいことではないと。
離れた方がよかった。
命をもらっただけで十分だったと言っている。

その後、誰かに連れてかれたおうちで、掃除をする仕事をしている。
12~3才。ここでも一人だけど、心静かに働いている。
仕事が見つかってよかったと。
身体を動かすことは好き。だから掃除の仕事も好きだった。

次に20歳くらいの記憶。
長い髪に浅黒い肌、外、海に近く風が吹いている場所
祀りごと、祈りの場のようなところ
太鼓の音とチャンティングのような声
大地とつながるような祈りの踊り、舞?を10人ほどでしていた。
老若男女色んな人がいる、小さなコミュニティに住んでいて、
人を癒すような、自然やまわりの人のために祈りを踊る仕事をしている。
すごくpeacefulな場所で人には恵まれた。

30歳くらい
まだ小さい男の子を引き取りました。
あたりまえのことをしただけです。と言っている。
なんでそんなことするのと言う人と、応援してくれる人たちがいる。

そして42歳で病気になって世を去ったみたいです。
男の子はすごくしっかりした聡明な子であまり心配はしていないけれど、
やっぱり長く生きたかったと思っている。
長く一緒に居れなくてごめんね。自由に生きなさい、人を愛しなさい、
とその子に言って死んでいきました。

今世では、親とつながりたい。長く生きたい。まわりを助けたい。
と思って生まれてきたみたいです。

正直今でも100%信じているわけではない、
わたしの頭が作りだしたものかもしれない。

それにしても、今のわたしが、

裸足や風通りの良い外が好きなのも
海に魅かれるのも
年上の友達が多かったのも
わたしは一人で生きていける、早く働きたいと子供の時から思っていて
でもそう思ってるのに、ずーっと親と暮らしているのも
ジャンル問わず祈りの唄が好きなことも
身体にいいこと、身体を動かすことが好きなのも
血のつながりに意味をあまり感じないのも
一人でいるのがイヤじゃないのも
自然環境を守らなきゃと思うのも
なんとなくチャリティーしてるのも
自然に畏怖の念をもっていて、今回の災害にひどく落ち込んでいたのも

ぜーんぶ納得できたのです。

とにかくわたしは癒されました。
癒しという言葉は好きではないのですが、
身体は正直で、カチコチに凝っていた肩が翌日はふにゃふにゃになってました。
心と身体は本当につながっている。

途中、見えそうで見えない別の過去生や、聞こえそうで聞こえない名前。
どこかわからない国。見てるのに見えてこない顔がありました。
自分が準備できた分だけ、受けとれる分だけ、見えてくるそうです。

最後に、自分を守ってくれているおおきな何かから
自分のことを大切にしなさい。
これからのことは自分で作っていく、全ては自分次第。
というメッセージをもらいました。

受ける前後では、世界は同じなんだけど、不思議に大きく何かが変わっていて、
自分でいることに安心することができるようになった気がします。

そして、自分の魂が来た場所、大いなる光の源、その一部であるということ。
We are all one.ということを実際に感じれたのは大きい体験だったと思います。
(↑注:ひかないでね、笑)

いろんな世界があるもんです。
おもしろい。

そしてLife goes on.
なんだかんだ言っても、
自分次第のこの道をすすんでくしかないのだなと思います。

はたしてわたしは長生きできるのか(笑)
[PR]
by snow-ocean-moon1 | 2011-06-06 17:03 | DAYS

日々の記録とか、覚えておきたい記憶とか。。。


by snow-ocean-moon1