ここから。

311からもうすぐ2週間。
とはいえ、被害の全貌は見えぬまま、
余震もまだまだ油断できず。
原発も事態収束にはほど遠く、ですが。

ここからが長いのだと思います。
地震にせよ、エネルギー問題にせよ。

被災地には今後、数年単位での支援が必要ではないかと
素人ながら感じています。
なので、チャリティーヨガでの収益は当面、震災支援金にさせて頂きます。
(注:えらそうに言うほどの金額ではないですが)

家も仕事も大切な人たちをも
亡くされたかもしれない方々を思うと
本当に心が痛みます。

今、被災者ではない私たちが日々の生活を生きることは、
直接苦しんでいる人たちを助けることにはならないのかもしれない。

でも実際問題これから、彼らが必要なのは莫大なお金です。
(もちろん心のケアとか、笑いとか音楽とか他にもいろいろあるけど)
それは被災者でない私たちが支えるしかない。
だから、しっかり経済活動をしつつ募金を続けるのが支援するということにつながるのだと思います。
あ、他にも東北産のものを積極的に買うとか、数年後に東北地方を旅行するとかも支援だね。

もちろん、思いのある場所や近しい人が被災されたりしたのなら
悲しみから立ち直ることは簡単じゃないだろうし。
そうじゃなくても、傷が癒えるまでの時間はひとそれぞれだとも思う。

だから、
ぎこちない笑顔で不安感や悲しみを無理やり押し込める必要はない。

でもなんとなく、泣いてても不安でも悲しくても
そこに留まってしまうのではなくて
少しずつでも流れていきたいなと思います。

ほんとうに久しぶりに本を読みました。
そのあとがきに、
「これからしばらくは大変な時代がつづくだろう。直感と本能を信じ自分を保つことをたえず続けていけないと、生きていくのが困難になるのではないか。」と書かれてあった。

スピ的に、こういう大きな災害は意識の変化のきっかけになるとよく言われてます。
ほんとそうですよね。
ある日突然容赦なく命は終わる。
ということを実感したのだから。

この震災のことを真剣にとらえてる人は
自分の日々の考え、選択、行動から命の使い方まで、再考するのだろうし、
色んな意味で大きな転換点になっていくのだろうと思います。

わたしたちは、平和ボケから一転、すごい時代を生きている!
a0167912_20155631.jpg

[PR]
by SNOW-OCEAN-MOON1 | 2011-03-23 20:22 | 311

日々の記録とか、覚えておきたい記憶とか。。。


by snow-ocean-moon1